架空鉄道、日々作成中・・・。

 ここ最近は残業多めだったり、架空鉄道に専念してblogをそっちのけにしてしまったので更新が疎かになっていました(汗

 

ここ1ヶ月間で作成したものを簡単に紹介します。

 

f:id:otome-railway:20170622145259p:plain

205系のメルヘン顔をパクった、その名も”205系2500番台”です(笑)

私鉄への対抗意識からインテリアのデザインを見直し、ドアに化粧板を施して見栄えを向上させ(211系5000番台みたいな感じです)、LED案内表示器を千鳥配置で設置。

更にはGTO-VVVFを搭載。ドアエンジンも爆弾ドアではなく私鉄のようなタイプを採用。中身は完全に205系離れしています(笑) 

 

f:id:otome-railway:20170622150410p:plain

お次は103系1500番台の色違いにしか見えない”105系1500番台”です(笑)

メルヘン顔と同様に、まるっきりパクったデザインの車両ですが、どちらも自分の鉄道で走らせたかったのでペイントで長い事時間をかけ再現しました。

なぜ103系ではなく105系にしたのか!? それは、単に103系では古臭いからです(笑)

 

 

今度は古めかしい車両に代わり、新型車の側面フルカラーLED表示を。

f:id:otome-railway:20170622171304p:plain

これが基本的な表示パターンです。(路線記号+種別と行先のみの表示。但し路線記号を表示するのは普通(各駅停車)のみ、快速などの種別は表示しません。)

サイズは大きめにしてあり、横192ドット・縦40ドットとしました。

f:id:otome-railway:20170622170913p:plain

遊びで作った”蔵ノ太子”という行先表示。南大阪線の上ノ太子をパクって作成しました。

定期列車では存在しない行先という設定で作ったので遊びな訳です。

f:id:otome-railway:20170622171519p:plain

途中駅で切り離す車両が表示する「この車両〇〇まで」。関西私鉄と同じようにしました。この場合、英字表示の時も近鉄シリーズ21と同様に行先の文字が上に寄ります。

※背景の色が違うのは、車体色に合わせているからです。

f:id:otome-railway:20170622172248p:plain

地下鉄線に入ると種別無表示となり、駅番号と行先の表示に切り替わります。

地下鉄線内折り返し以外の、他社(私の鉄道路線)から地下鉄へ直通する列車も含めて。その場合、境界駅で種別無表示・駅番号入りの地下鉄仕様の表示に変わります。

f:id:otome-railway:20170622173736p:plain

ちなみにJR線内(私の鉄道路線)ではこのような表示です。

Sub.はSubwayの略です。宮根駅の由来は宮根誠司から取ったものです^^

f:id:otome-railway:20170622172652p:plain

但し、地下鉄から他社へ直通する列車は始発駅の段階(全区間)で相手方の仕様(表示)になります。(路線記号+種別入りの表示)

f:id:otome-railway:20170622173326p:plain

前面はJR西日本の車両を基にしているので種別と行先が別々の表示になっています。フルカラーLEDはやはり魅力的なのでこれからもレパートリーを増やしていくつもりです。

 

f:id:otome-railway:20170622172720j:plain

こちらは最初に紹介した205系2500番台と、

f:id:otome-railway:20170622173526j:plain

フルカラーLEDを搭載する327系電車です。上部には帯を入れない派なのですが、205系は上部にも帯を入れた方が似合うので上部にも帯を入れてあります。

それと今回、台車を初めて改良しました。それまでの台車があまりにダサくておもちゃみたいだったので・・・・足回りには力を入れない私も、さすがに改良しなきゃダメだなと思ったのでした(笑)

 

また何か出来ましたら、順次UPしたいと思っています。