読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JR30周年を迎えた初日に乗った”JR一番列車”は!?

 4月1日、JR篠ノ井線平田駅で”JRが30年を迎えた初日に乗る列車”を待ち構えていました。

 

最初は「長野地区の主力は211だし、今回の旅の主役も211。だから、快速長野行と言う珍しい列車でJR30周年の初日を迎えよう。」と思っていたので、

f:id:otome-railway:20170404220611j:plain

この快速に乗るつもりでした。しかし・・・停まる寸前に私の目の前で突然警笛を鳴らしてきたのでホームにいる人たちの目線がこっちに集中します・・・。

もちろん黄色い線の外側にはいませんでしたし、注意喚起にしては明らかにタイミングが変。おまけに「アイツが何かしでかしたのか!?」というような目線を喰らうと恥ずかしくて乗るのを避けました。

 

「後続の211でいいか~」っと、次の列車はわずか6分後に来るので待っていると、

考えもしなかった車両がここで登場します!!

 

f:id:otome-railway:20170404220952j:plain

それが、中央西線からの313系の松本行き!!(211ではありませんでした。)

しかも唯一の4両編成です。松本界隈で2+2の313なんて初めて見ました・・・。

この313系が、JR誕生30周年の初日に(自身にとっての)JR一番列車となるわけです!

f:id:otome-railway:20170404221214j:plain

JR東日本管内で他社のJR車両に乗れて、しかも転換クロスシート車両と言うミラクル! (写真はわざとボカして撮りました。)

f:id:otome-railway:20170404221421j:plain

Q:転換クロスシートからの眺めはいかがですか!?

A:最高です!!(笑)

 

平田から松本までの短い区間でしたが、4月1日、30周年に相応しい幕開けを迎えることが出来ました。これを機に、他社との乗り入れも重要だという事に気付かされたのでした。