Always-7丁目の夕日

自由気ままに思い立ったことや旅の記録などを綴っています。

突然襲ったカメラのバグ。

 今日から12月ですね。早いもので、もう2016年があと1ヶ月で終わろうとしています。

僕にとって2016年は不幸な年になったのでさっさと終わってほしいw

 

今日は¥7,845の現場でひたすら(商品を入れる)箱を折ってました。箱を折り続けて1日が終了ですw 10年もすればロボットがやってくれますよw

それと(出勤はしていましたが)普段いる面白いオバちゃんの人が今日はいなかった。

 

そして家に着いてからAVを見て欲を満たして・・・。

 

 

さて、今日の日記は見られたくないコメントが多いですが(笑)、

 

PENTAXのカメラを使っていた時に起こった”突然死”の出来事を話しましょう。

それは2011年1月30日に、突然カメラがバグを起こし、写真は撮れますが色合いが濃すぎて最悪な事態に。バグが起こった直後は勝手に日付まで入ってしまうほど。

 

f:id:otome-railway:20161201231919j:plain

↑こちらが正常な状態で撮影できた最後の写真となりました。事故現場は津山線の沿線ですw 意外なところでハプニングが起こりました。

 

そして、バクった直後の写真がこちら。↓↓

 

f:id:otome-railway:20161201231958j:plain

 

色合いが濃すぎて・・・・

 

あまりに暗くて・・・・

 

勝手に日付まで入って・・・・

 

 

 

1月31日。カメラが壊れた後も(この日は)環状線で撮影していたのですが、

 

f:id:otome-railway:20161201233101j:plain

幕が真っ白。

お前までバクってるのかぃ!(笑) 負の連鎖がJRにも移ったようですw