架空鉄道、日々作成中・・・。

 ここ最近は残業多めだったり、架空鉄道に専念してblogをそっちのけにしてしまったので更新が疎かになっていました(汗

 

ここ1ヶ月間で作成したものを簡単に紹介します。

 

f:id:otome-railway:20170622145259p:plain

205系のメルヘン顔をパクった、その名も”205系2500番台”です(笑)

私鉄への対抗意識からインテリアのデザインを見直し、ドアに化粧板を施して見栄えを向上させ(211系5000番台みたいな感じです)、LED案内表示器を千鳥配置で設置。

更にはGTO-VVVFを搭載。ドアエンジンも爆弾ドアではなく私鉄のようなタイプを採用。中身は完全に205系離れしています(笑) 

 

f:id:otome-railway:20170622150410p:plain

お次は103系1500番台の色違いにしか見えない”105系1500番台”です(笑)

メルヘン顔と同様に、まるっきりパクったデザインの車両ですが、どちらも自分の鉄道で走らせたかったのでペイントで長い事時間をかけ再現しました。

なぜ103系ではなく105系にしたのか!? それは、単に103系では古臭いからです(笑)

 

 

今度は古めかしい車両に代わり、新型車の側面フルカラーLED表示を。

f:id:otome-railway:20170622171304p:plain

これが基本的な表示パターンです。(路線記号+種別と行先のみの表示。但し路線記号を表示するのは普通(各駅停車)のみ、快速などの種別は表示しません。)

サイズは大きめにしてあり、横192ドット・縦40ドットとしました。

f:id:otome-railway:20170622170913p:plain

遊びで作った”蔵ノ太子”という行先表示。南大阪線の上ノ太子をパクって作成しました。

定期列車では存在しない行先という設定で作ったので遊びな訳です。

f:id:otome-railway:20170622171519p:plain

途中駅で切り離す車両が表示する「この車両〇〇まで」。関西私鉄と同じようにしました。この場合、英字表示の時も近鉄シリーズ21と同様に行先の文字が上に寄ります。

※背景の色が違うのは、車体色に合わせているからです。

f:id:otome-railway:20170622172248p:plain

地下鉄線に入ると種別無表示となり、駅番号と行先の表示に切り替わります。

地下鉄線内折り返し以外の、他社(私の鉄道路線)から地下鉄へ直通する列車も含めて。その場合、境界駅で種別無表示・駅番号入りの地下鉄仕様の表示に変わります。

f:id:otome-railway:20170622173736p:plain

ちなみにJR線内(私の鉄道路線)ではこのような表示です。

Sub.はSubwayの略です。宮根駅の由来は宮根誠司から取ったものです^^

f:id:otome-railway:20170622172652p:plain

但し、地下鉄から他社へ直通する列車は始発駅の段階(全区間)で相手方の仕様(表示)になります。(路線記号+種別入りの表示)

f:id:otome-railway:20170622173326p:plain

前面はJR西日本の車両を基にしているので種別と行先が別々の表示になっています。フルカラーLEDはやはり魅力的なのでこれからもレパートリーを増やしていくつもりです。

 

f:id:otome-railway:20170622172720j:plain

こちらは最初に紹介した205系2500番台と、

f:id:otome-railway:20170622173526j:plain

フルカラーLEDを搭載する327系電車です。上部には帯を入れない派なのですが、205系は上部にも帯を入れた方が似合うので上部にも帯を入れてあります。

それと今回、台車を初めて改良しました。それまでの台車があまりにダサくておもちゃみたいだったので・・・・足回りには力を入れない私も、さすがに改良しなきゃダメだなと思ったのでした(笑)

 

また何か出来ましたら、順次UPしたいと思っています。

奈良へ乗り入れる数少ない存在! 近鉄の自動放送にも対応!! 京都地下鉄の10系電車。

 近鉄奈良線を見ていると、大和西大寺~奈良間の末端区間にも目を向けます。

平城宮跡があったり、このわずかな区間だけ京都市営地下鉄の車両が乗り入れるので見どころ満載でもあるのです。

 

今回のうまし うるわし 奈良遠征(!?)では奈良→大和西大寺間の短い区間で国際会館行きの10系に乗車しました。近鉄線内では初めて乗車したかもしれません。(少なくともこの区間で乗ったのは今回が初めて。)

 

f:id:otome-railway:20170604131455j:plain

1年半前に行った時も今回も同じく、非常扉に窓がなく額縁スタイルの初期型を多く見かけました。割合的には後期型の方が若干多いので、初期型ばっかり見れるのはとてもラッキーだと思います^^

f:id:otome-railway:20170604132403j:plain

複雑な構内配線が特徴的な大和西大寺に入線する国際会館行き急行。

この近辺では「京都国際会館行き」と案内されますが、地下鉄車もちゃんと「京都国際会館」と表示されていますね。10系が急行として走る数少ない運用です。

f:id:otome-railway:20170604133922j:plain

平面交差をして京都線に入り、国際会館へと向かう10系。

f:id:otome-railway:20170604135814j:plain

f:id:otome-railway:20170604135831j:plain

平城宮跡に行った時も10系の初期型に恵まれました^^

 

f:id:otome-railway:20170604132449j:plainf:id:otome-railway:20170604132514j:plain

近鉄車との並びも。

 


京都市営の車両も近鉄の自動放送に対応していた!! 奈良発車時に収録

阪神車に続いて、この10系にも近鉄の自動放送に対応している編成が出現!!

10系にもタブレット端末の端子を設置したようですね。全編成に普及すると思われます。

何気にこの動画が再生回数1100回を突破していて、今回の近鉄動画で一番人気のある動画に。但し容量の都合上、地上に出る前に動画は終了させています。

 


京都市営地下鉄10系による京都国際会館行き急行、入線。


大和西大寺を発車する京都市交10系の国際会館行き急行

奈良の入線、西大寺の発車も捉えておりますので、いずれも短編動画ですがぜひご覧あれ!

 

f:id:otome-railway:20170604133021j:plain

ちなみに後期型の奈良線乗り入れはこの1枚しか撮影していません。なのでよっぽど初期型との相性が良いのか!?(笑) これほどまでに初期型に恵まれるのは珍しい気がします。

 

それと昨日初めて知ったのですが、後期型の車両でリニューアルを受けた編成が登場したみたいですね。フルカラーLED化にパッとビジョン(小型の液晶ディスプレイ)を搭載、ヘッドライトもLEDライトになっていたので近代化しています。

そうすると乗り入れ車両だけがフルカラーLEDになり近鉄だけが時代の波に乗れず取り残された感じです。  なんでもございません。(笑)

 

f:id:otome-railway:20170604133834j:plain

阪神車との共演も!? 運が良ければ見れるかもしれません。

ちなみにちなみに、、この直後に、半年前に紹介した「写真の阪神車が橿原普通と並ぶ」光景が展開されました。

otome-railway.hatenadiary.jp

 

様々な光景が展開される奈良線大和西大寺~奈良間。そして同区間を走る京都地下鉄10系も魅力的な存在です。標識灯を点けて急行として走る数少ない格好で。

近鉄を求めて「うまし うるわし 奈良」へ。

 「うまし うるわし 奈良」。近鉄で。     (笑)

 

土曜の夜から月曜にかけて近鉄へ行っていました。

気付いたら最後にblogを更新してから2週間経ってしまいましたね(汗

これは残業と架空鉄道(やっぱり架空鉄道という名称も使うことにしました。)、そして近鉄が原因です(笑)

 

今回は撮影もしましたが、動画がメインだったので静止画は少なめで、

乗車した名古屋線鈴鹿線大阪線奈良線生駒線橿原線のうち、まともに撮影したのは奈良線生駒線ぐらいで、名古屋線鈴鹿線はほとんどが動画で尺を使ってしまいました。

 

f:id:otome-railway:20170525175614j:plain

f:id:otome-railway:20170525175637j:plain

f:id:otome-railway:20170525175704j:plain

f:id:otome-railway:20170525175728j:plain

奈良線の顔ぶれ、今回もじっくり見れました。額田~石切間の額田駅間近の沿線で約1ヶ月半ぶりの撮り鉄を楽しみ、1年半ぶりの額田界隈での撮影を存分に楽しみました。

 

この日は日曜だったので急行は全て8連でした。

それにしても着いて早々旧塗装のビスタカーを撮影できたのはラッキーでしたね^^

 


5800系の尼崎行き各駅停車、額田に到着。

ココでの動画も公開中!(ほかの動画も順次UPするのでぜひご覧ください。)

山陽本線の今が気になって・・・。L編成とN編成は全車健在だった!

 2ヶ月ぐらい前に、最近は115系がどれだけ減ったのかが気になったので下関車の115系の近況を調べていました。

 

まず目に留まったのはやはり”カープ応援ラッピングトレイン”で、今年は初めて30Nの車両が選ばれました。(もちろんL編成の30Nです。)

2012年の運行開始から、40NのL編成に限定されていたので2017年になって初めて”日の字窓”の車両に赤と白いカープラッピングが施されたわけです。(むちゃくちゃ違和感ありw)

 

ラッピング車両で言えば、今年はカープラッピングより前に”サンフレッチェ広島”の応援ラッピング車両も登場しているので豪華2本立て!! 絶対に今年は広島に行かなくてはなりません(笑)

更にラッピング車両で言えば岡山にもD-14がひるね姫のフルラッピングをしていて、同じ山陽本線を走る車両で言えば3種類もあるので見応え抜群です。

 

ラッピング車両だけでも十分に見応えがあるのでアツくなりますが、

今話したいことはRedWing(227系)の増備でどれだけ115系が置き換えられているかです。当初の計画では2018年度までには115系は全て置き換えられるはずだったので、「もう2017年だし、1年で平日日中の広島を227が占拠したぐらいだから115系はだいぶ減っているんじゃ・・・」と思っていました。

 

ところが、実際には227系の増備はいったんストップしているそうですね!

もっと調べると、115系L編成とN編成は全編成が現役であることが判明しました。

 

f:id:otome-railway:20170511131754j:plain

 L編成は4連×22本が在籍し、うちL-01~13までは体質改善40N施工車、L-14~22は30N車です。以前は広島に在籍していましたが現在は下関に転出。ヒロL編成からセキL編成となり、全車両が体質改善車で固められているエリート軍団です。

f:id:otome-railway:20170511131813j:plain

 N編成は4連×19本が在籍し、N-01~12・14・16~21編成で19本なので(たぶんC-02とC-20に先頭車を取られたからw)13番と15番が欠番になっています。(編成番号的にはN-21まであるので21本存在するように見えてしまいます。)

N編成は2ドア車なので115系では異色の存在で、3000番台と117系から改造された3500番台の2種類があり、3000番台は115系の最終形態でもあります(115系の中で一番新しい車両です)。

全車両が体質改善30Nを施工しておりL編成と同じぐらい立派な車両ですが、2016年3月26日の改正以降、広島駅を発着する車両は全て3ドア車に統一されたため活躍の幅が狭まり、現在は岩国以西でのみ運用されています。

 

ちなみに、現在はL・N編成とも全編成が黄色一色の単色(いわゆる末期色)になっています。L編成も、ラッピング車両を除いて全て黄色一色です。

 

 

 

 

語ってしまいましたw

 

N編成は岩国以西限定で19本もあるので、下関や新山口界隈の4両編成の列車はほとんどがN編成の運用ではないでしょうか?

それと、今はN編成とほかの115系(C・L編成など)は運用が分けられていると思います。

(正確には前からN編成専用の運用はあったのですが・・・・・専用とは思えないほどC編成などの3ドア車も入っていて、実質共通運用状態だったので。もっと言えば広島所属時代のL編成も運用が分かれていましたが・・・実質共通うry)

 

f:id:otome-railway:20170511134539j:plainf:id:otome-railway:20170511134508j:plain

N編成はカフェオレ塗装が、L編成(40N車)はカープラッピングが魅力的な姿でした。

岡山車も合わせると現在では想像できないほど多彩なカラーリングが存在したのも山陽本線の魅力でした。ただ、広島地区には待望の新型車(RedWingこと227系)が導入されたので今は今で魅力的になり満足しています。

 

最後に、RedWingの増備中断により2017年5月現在でもL編成とN編成が全車健在であることがどことなく嬉しかったということをお伝えして締めくくります。

GWはホントにお出かけせずに終わりましたー。

 ゴールデンウィークワールドインテックで働いたのがほとんどでした。アマゾンジャパン川崎FCの事ですw

 

5連休の祝日は4日の木曜を除いて全て出勤、今日は「日曜は出勤したいっす!」と言って自ら出勤要請を出して仕事してきました(笑)

 

普通だったら事務の人から「明日出勤してほしいんですけど!」と言われて出勤(休出)するものなので自分から出たい!と言う人はほとんどいないでしょう^^

 

2ヶ月ぶりの日曜出勤でしたが、人も少なくまったりしていて良かったという感じです。

 

それと、休みの日もお出かけせずに終わったわけですが、やはり創作鉄道を作っていました。

f:id:otome-railway:20170507215306p:plain

f:id:otome-railway:20170507215330p:plain

今回作成したのは地下鉄直通運用の表示です。今のところ終日運転される「宮根」行きとラッシュ時限定の「川端王寺」行き(途中駅止まり)の2種類を作成しました。

 

f:id:otome-railway:20170507220432p:plain

側面のLEDは未作成なので今回は前面の表示を。

地下鉄の路線記号も表示し、ラインカラー(アンダーライン)も地下鉄の路線に合わせ、更には英語表記を”Subway Normal”としました。

私の鉄道では普通列車(各駅停車)の英語表記は”Local(ローカル)”ではなく”Normal(ノーマル)”にしているのでこれを直訳すると、

 

地下鉄 標準」  ・・・・・。(チーン!/合掌。)

 

これで意味が通じる(地下鉄の普通列車である)ことを心から祈ります。(苦笑)

f:id:otome-railway:20170507220458p:plain

こちらは、あすなろ本線の停車駅案内のうち地下鉄の部分を拡大して掲載。ちなみに地下鉄に直通するのは各駅停車のみで、快速系統は3ドア近郊型のため乗り入れません。

 

GW期間中は、皆さんはいかがでしたか!?

私は仕事と架空の鉄道で終わってしまいましたが、それが案外楽しかったので充実した日々を過ごせたのは間違いありません。

創作鉄道 113系湘南色と瀬戸内色

 昨日から今日にかけて113系を作成していました。

 

最初に阪和色を作成するはずが、なぜか湘南色が作りたい気分になったのでまず湘南色を作成。実際に作ってみると、なかなか良いもんですねぇ~^^

 

※車両だけ見ていると架空の要素が薄いですが、これでも架空の鉄道です。

 

f:id:otome-railway:20170501223700p:plain

一応、本線でも現役と言う設定で考えてみました。(編成両数は4,6,7,8,10両)

本線の両端の駅が「高輪」と「塩浜」なので、行先は塩浜にしてあります。ちなみに前面の表示は快速列車に入っても行先のみの表示です。(811と813系みたいだw)

湘南色以外にも走らせたい塗装が! それが、

f:id:otome-railway:20170501223725p:plain

瀬戸内色です!! 115系のイメージが強い瀬戸内色ですが、一部が湘南色から塗り替えられたという設定で113系の瀬戸内色も無理矢理登場w

 

今回は113系として制作したこのお顔ですが、皆さんもご存知の通りで塗装を変えれば多数の形式が再現できますね。せっかくなので、

 

f:id:otome-railway:20170501224225p:plain

115系も作ってみましたw 窓枠は黒ゴムにしてみました。

GW期間中は殆どお出かけ出来ない予感・・・。

 仕事があって連休が作れないというのもあるのですが・・・

 

一番の理由は整骨院に通っているので慢性的な金欠だからです!

一回の治療で3780円を費やしているので週に2日も行けばかなりの額に。

 

(今日を除いても)給料が入ってから4回は行っているので3780円×4。

考えたくもないですが、これだけでも1万5千は行くので軽く遠征できてしまいます。

 

そして、今日は1時間コースをやったので金額はいくらか知りませんでしたがお会計の時にまぁビックリ。9720円もしました(泣) これだけのカネがあれば治療せずに旅行したいよ!

 

こんな感じではお金が持ちません。なのでGW期間中はほとんど外出できずに終わってしまう予定です。それなら・・・もうアレをやるしかありません!

 

f:id:otome-railway:20170430234501p:plain

”創作鉄道”をどんどん生産していくのみです(笑)

ちなみにこの2形式は、左が通勤型で右が近郊型です。通勤・近郊型で車両のデザインを揃えて統一感を図ろうという作戦ですw

 

f:id:otome-railway:20170430234518p:plain

なんとなく、新型車両をPRしてみました。